MESSAGE

from

AKIRA

最新の写真

久々のブログ更新。

とってもとってもお久しぶりです。

楽しんで読んでくれている方々、本当にすみませんでした。

本当に色々とあるのですが、銘苅敦という“太陽”に照らされて充電されました。 笑

書きたいこともたくさんあるし、伝えたいことも盛りだくさん。

でも少し間が空いてしまうと、次に書き始めるタイミングをうまく見つけられず、内容も困ってしまう。。。

気にしてたら何も進まないから、ブログもとりあえず書き始めることにしました。

見切り発車 笑

まずは近いところから書いていこうかな。

22日から銘苅さん、23日に東江さんがわざわざエムスデッテンに遊びに来てくれました。

29日の早朝にブダペストに飛び立ったから、1週間滞在してくれたのかな。

遠い遠い島国から来た男3人、ドイツでクリスマス。

凄い楽しかったなー。

こんなクリスマスはさすがに初めて。 笑

勉強にもなったし、エネルギーもたくさんもらえた。

本当に来てくれた2人には感謝です。

今回は(も?)“仲間”という存在が、生きていく上で自分に与える影響はこんなにも大きいんだなーって実感した。

楽しいとか安心するとかそういうことだけじゃなくて、アイディアや今後の人生をより良くするヒントが常にちりばめられてるんだよね。

何気ない会話の中にもさ。

きっとそれは人を引き付ける魅力があるからだと思うけれど、そういう人達と一緒に時間を過ごせたのは幸せだったな。

絶対自分のプラスになったと言い切れるからね。

言葉じゃ簡単には表現出来ないことってたくさんあって、今回の出来事はそのうちの1つかな。

さて、メカチャンネル、皆さん見てくれた?

何それ?って人も多いだろうけど(笑)

本当に思いつきで、今回のこの3人の会話を皆に聞いて欲しいよね。ってボソッと銘苅さんが言ったのがきっかけ。

「今の時代簡単にネット配信できるんじゃない?」

「そうだよねー、ニコ生とかあるしねー。」

「・・・よし、やろう。」

ってな感じでいきなり始めたLive中継。

内容的には結構面白い感じになったと思う。

現在進行形で身を持って感じている情報・経験を自分の言葉で伝えられる場。

とっても新鮮で、重要な場だったなと感じます。

現にその後、わざわざ僕にご連絡をして下さった方が何人もいましたし、とても嬉しかったです。

今後はハード面もしっかりさせていけたら面白くなりそうですね。

今回は手作りで思いつくままに僕の部屋を作り替えて場所を作ったけれど、広まっていってあそこに名前を出したい・一緒に作りたいっていう人達が出て来て初めて1つの形なのかなって。

まだまだ認知もされていないし、僕らが好きで勝手にやっている段階。

改善の余地はたくさんあるけれど、内容は決して悪いものではないと思う。

でもさ、これも大事な事なんだけど、良いものが全て広まるわけではないんだよね。

当然売れる・広まるものって良いものである事が前提だと思うんだけど、質が良いからって売れる・広まるわけではない。

プレーが世界トップレベルだから人気なわけじゃない。

お客さんが集まるから、お金も集まって、良い選手を雇える。

当然チームとして運営していかなければいけないから観客数は死活問題。

どうやってお客さん・注目を集められるかが本当に大事だと思うし、これは当然だと思う。

日本は今まだ主流は企業チームだから、また話は別だよね。

その辺の話はまた今度。 笑

いや、だからそういう意味で“価値付け”をしていかなければいけないよね。

この放送も。

とかいいながら、別に僕の番組じゃないんだけどさ 笑

でもハンドボール仲間として、少しでも良くなって広めていけるように、僕も協力はしたいなと思っています。

メカチャンネルについてもまた書きたいことがあるから、ここで取り上げますね。

でも今の自分に出来る事って何だろうか。

それは常に考えながらやりたい。

どうしたら求められる人間になるのか。

何をすれば皆が喜んでくれるか。

それが日本の将来に良い影響を与えられるのか。

自分がそれで生きていけるのか。

よし、頑張ろう。

今やれることを一生懸命頑張ろう。

頑張る時はいつも今。 By瀬田さん

だね。

読んでくれている皆さん、ありがとうございます。

FacebookでもTwitterでもここにでもどこでも、メッセージやご意見を書いていただけた方、本当にありがとうございます。

メッセージにいつも良いエネルギーをもらえて、とても嬉しいです。

今後もメッセージいただけるような活動をしていきたいと思うので、皆さん今後ともよろしくお願いします。

今日はとりあえずこんなとこで。

更新頑張りまーす 笑

あきら


最新記事 from AKIRA
Archive
Follow AKIRA
  • Facebook Grunge
  • Twitterのクラシック

© akirakajihara.com. Produced by ベクルゼ